社協内 社協建物 ボランティアセンター内

地域福祉ってなに?

 みんなが、住み慣れた地域で、しあわせに暮らしていけるように、みんなで支え合うまちづくりを進めていくことです。

なぜ今、地域福祉が必要なの?

 近年いろいろな社会問題が生じており、福祉ニーズが多様化しています。


 わたしたちを取り巻く環境の変化
   ・地域コミュニティの希薄化
   ・防犯・防災意識の向上
   ・少子高齢化・核家族化


 地域のきめ細かいニーズに対応し、しあわせに暮らせる、住みよい地域にするためには、地域の「協働」が重要です。

 今こそ!地域において支え合い、助け合う力「地域の福祉力」を高めていく取り組みが一層大切になっています!!

地域福祉活動のポイント!

・認め合う
・支え合う
・ともに取り組む
・ともに学ぶ
・ともに築く



橿原市の地域福祉活動

 橿原市では、16小学校区に設置された地域福祉推進委員会(地域住民が主体となった組織)を中心に地域福祉活動を進めています。
 また、各推進委員会の連携を図るための橿原市地域福祉推進連絡協議会が設置され、橿原市、橿原市社会福祉協議会、橿原市地域福祉推進連絡協議会の三者が連携しながら地域福祉のまちづくりを進めています。       

橿原市第3期地域福祉推進計画の策定

 橿原市では、地域福祉を推進するために、“地域福祉を担う次世代との連携計画”と位置づけ、計画を策定し進めています。

 橿原市第3期地域福祉推進計画


16小学校区地域福祉行動計画の作成

 各推進委員会の活動の定着化と更なる活性化を図るため、行動計画(アクションプログラム)の作成に取り組んでいます。

 16小学校区地域福祉行動計画

見守り活動支援事業



 住み慣れた地域で安心して生活できるよう、地域の民生委員や住民団体等の参加と協力を得て、ひとり暮らしの高齢者の見守り、安否確認等のため、見守り活動を毎月1回行っています。


ふれあい電話訪問サービス


 一人暮らしの高齢者(満65歳以上)宅に、ボランティアが電話で訪問し、話し相手となっています。


 日時 毎週 火曜日(祝日は休み)  午前10時〜午後3時
         金曜日(祝日は休み)  午前10時〜正午



善意銀行

 みなさまの暖かい善意の心を「金銭」で提供していただいて、橿原市内の地域福祉の向上に役立てるために設立されたのが善意銀行です。どうか、善意銀行の主旨をご理解いただき、ご協力くださいますようお願い申し上げます。平成29年度の寄付状況については、下記の表をご覧ください。

区 分 事  項 件数 金額(円)
収入の部 1.一般寄付 89
1,487,381
2.指定寄付
  (1)地域福祉のために

  (2)高齢者のために
  (3)障がい者のために
 
15
1
18
    31,500
6,300
102,240
3.受取利息   19
4.前年度からの繰越金   1,625,539
合 計 (A)   3,252,979
支出の部 1.歳末見舞金等に払出
2.各事業に払出
  (1)地域福祉活動支援事業
  (2)善意銀行預託金事業
  92,000

1,421,927
111,612
合 計 (B)   1,625,539
 差引合計(A)−(B)   1,627,440
  ※差引合計1,627,440円については、平成30年度へ繰越


ふれあいサロンとは?

 サロンは、いきいきと活動的な生活をおくるためのきっかけづくりとなる地域での”集い”の場です。


 サロンを利用して「介護予防」をはじめましょう。
 「介護予防」とは、高齢者が介護を必要とする状態になることを予防すること(発生の予防)、また心身の生活機能の状態を維持し改善することをいいます。


 いつまでも元気でいきいきと暮らすきっかけに、家庭で活動的な自分に合った楽しみを見つけるために、サロンを利用しましょう!

 

  橿原市在住の65歳以上の方で、介護保険で要介護認定を受けていない方が対象となります。


  また、サロンのご利用途中に要介護に認定された場合も、安全に参加いただくため、介護保険の
 サービスをご利用いただくことになり、サロンに参加できませんのでご了承ください。

 


  季節の行事、レクリエーション、ゲーム、体操、体力測定、元気づくりの講話、カラオケなど、仲間づくり
 (交流)や元気づくり(介護予防)のための活動となっています。
 
  自分の体調に配慮しながら、無理をしないで、気楽に参加することが大切です。


          
         △軽スポーツ                    △手芸 折り紙
          
         △落語                        △カラオケ


 

  定期的(毎月1回以上)に各地区の公民館、集会所等で開催しています。
  (開催日はサロンの運営委員会で決めています)

  利用料(1回当たり、100円〜200円以内)と教材費などの実費が必要です。

サロン名 実施日 実施時間 実施場所 利用料 教材費
ますげいなほ会 毎週土曜日 9時〜
  11時30分
真菅地区公民館 200円 実費
 今井校区
   ふれあいサロン
毎週土曜日 9時30分〜
  11時30分
今井地区公民館 200円 実費
 金橋地区
   ふれあいサロン
第1・3土曜日
第2・4・5金曜日
※4〜10月は第1・3土曜日のみ実施
13時〜16時 金橋地区公民館
※4〜10月は改修工事のため「かなはし苑」で実施
200円 実費
 新沢地区
   ふれあいサロン
毎週火曜日 13時〜16時 新沢地区公民館 200円 実費
 香久山地区
   ふれあいサロン
毎週土曜日 13時〜16時 香久山地区公民館 200円 実費
 晩成
   ふれあいサロン
毎週木曜日
※第5木曜日は休み
13時30分〜15時30分 八木地区公民館 200円 実費
 畝傍南
   ふれあいサロン
第2・4水曜日 13時30分〜16時 畝傍地区公民館 200円 実費
 畝傍北
   ふれあいサロン
第1・3木曜日 13時30分〜16時 大久保ふれあい
センターなど
100円 実費
  サロンしらかし広場 毎週金曜日
※第5金曜日は除く
13時〜15時 白橿地区公民館 100円 実費
ふれあいサロン耳成  開催場所により実施曜日、時間が変更となります。詳細については
 橿原市社会福祉協議会 地域福祉係までご連絡下さい。
 耳成南 
   ふれあいサロン
  〜イトヤキ会〜
第2・4日曜日 13時30分
 〜15時30分
耳成南小学校
ふれあい教室
100円 実費
 真菅北
    ひまわりサロン
第2・4火曜日 13時30分〜 15時30分 中曽司町本町会館
小槻町公民館など
200円 実費
                                                  (平成30年4月現在)

  ・お住まいの地区にサロンがない場合は、近く(行きやすい所)のサロンにご参加ください。
  ・上記のサロン以外にも、耳成南、畝傍東小学校区などでは、地域福祉推進委員会が中心となり高齢者
   のみなさんを対象としたミニサロン等が開催されています。そういった地域のイベントにもぜひ足を運 
   んでください。

 

  ふれあいサロンは、地域の自治委員、民生児童委員をはじめ、地域福祉推進委員など地域のボランティ
 アの方(サロンコーディネーター)と、利用者の方とで共に運営しています。


生活支援体制整備事業を実施しています! 


 橿原市では、高齢化が急速に進行する中、地域住民が主体となった生活支援・介護予防サービスの充実を図るため、生活支援体制整備事業を実施しています。社協と各小学校区圏域の「かしはら街の介護相談室」に「生活支援コーディネーター」を設置し、地域のネットワークを生かしながら、地域の互助を高め、住民主体のサービスを活性化し、地域全体で高齢者の生活を支える体制づくりを進めます。 


生活支援コーディネーターとは?

 

<生活支援コーディネーターの活動内容>

(1) 生活支援に取り組んでいる団体やサービスなどの把握

(2) 日常生活における課題や問題点の調査

(3) 関係者のネットワークを構築して情報の共有や協議の実施

(4) 生活支援の担い手の養成やサービスの開発

                                                      などです。
日常生活にかかる地域の社会資源の情報提供について
 
 高齢者の日常生活におきまして、できる限り地域で自立した生活を営めるようにして頂くために、別紙の冊子(PDF)を作成しました。今後も日常生活に必要な情報を各分野ごとに情報提供を行います。

○買い物支援サービス協力店一覧・・・冊子(クリックしてください)


○訪問理美容店舗一覧       ・・・冊子(クリックしてください)

  
  ○高齢者の地域の居場所一覧  ・・・冊子(クリックしてください)

お問い合わせ先

 社会福祉法人橿原市社会福祉協議会  担当:地域福祉係
   橿原市畝傍町9番地の1 橿原市保健福祉センター南館3階
   TEL 0744-29-3880  FAX 0744-29-4400
   E-mail ikiiki@kashi-syakyou.or.jp

                                                      TOPへ戻る